一括発注に関する基本方針

  1. 基本的な考え方

    当社が運用の指図を行う複数の投資信託財産又は投資一任契約に係る運用財産について、
    売買条件(有価証券等の種類及び銘柄、売付又は買付の別、取引種類並びに執行価格又は価格帯)が同一である売買注文を一括して発注することがあります。
    運用に関する権限を他の運用会社に再委託している場合は、当該運用再委託先において、当社設定の投資信託財産又は投資一任契約に係る運用財産に加え、
    当該運用再委託先において運用の指図を行う他の投資信託財産又は投資一任契約に係る運用財産との間でも一括発注を行う場合があります。
    一括発注に適用する約定単価は平均単価によるものとします。

  2. 対象有価証券等及び対象取引

    一括発注の対象は、取引所金融商品市場、外国金融商品市場又は店頭売買金融商品市場に上場又は登録されている有価証券等とし、
    かかる有価証券等の現物取引、信用取引及びデリバティブ取引を対象取引とします。

  3. 約定結果の配分方法

    一括発注したものが全て執行されない、いわゆる「内出来」となった場合は、
    総約定数量を総発注数量で除した比率を各運用財産の注文数量に乗じて算出する方法により各運用財産に配分し、
    残余が発生した場合の残余分は当社又は運用委託先所定の配分基準によりさらに各運用財産に配分します。

  4. 最良執行の基本方針

    市場の状況や価格等を総合的に勘案した上で最良執行を図り、必要に応じて分割して発注することがあります。

  5. 社内管理体制

    一括発注の実施にあたっては社内規程を整備し、事後検証が可能な体制としています。
    リーガル&コンプライアンス・グループは、一括発注に係る業務執行の公正性確保の観点から、一括発注の執行状況を検証します。